FC2ブログ
タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

夢のツアー報告

2014.11.22(00:00)

今回は、(お友達応募の)アフタートーク付きの夜公演と、(自分が応募の)翌日の昼公演が運良く当選したので、スリルミーを観に東京へと行ってきました。
レポは苦手なので上手くは書けないかもしれないし、そんな暇あったら話の一つでも書け、な~んてコメントをまたされるかもしれないけど・・・
まぁ、たまにはいいじゃな~い、という感じで? 遅くなりましたが、レポ、スタート。



観劇前日の木曜夜11時半、いつも利用のとは違う夜行バス、初めての集合場所ということもあって、超方向音痴を心配する2号に連れて行ってもらって、どうにか無事バスに乗り込んで、いざ出発。

観劇当日となる朝8時半、すごいよね、1分も違わず予定時間通りぴったしに西新宿にバスが到着。
そして乗務員さんの 「お疲れ様でした~」 の声とともに置き去りにされたのは、すごく洒落たデザインのビルの横。
ここってバス停なの? と口の中で呟きながらスマホを取り出し、着いたよ~メールを送信する。
今回わざわざ休みまで取って1日フルに付き合って案内してくれる、会うのが2度目のお友達と、最近相互リンクしたサイト様の初見のお友達の2人に迎えに来てもらって、まずは食べたい~とリクエストしていたパンケーキでの朝食タイム。
田舎ではあまりお目にかかれないリコッタチーズの入ったパンケーキがなんとも美味しい~
朝から美味しい物を食べる、このなんと幸せなことか。
で、お土産交換して、美味しいものやハンドメイドなものなど、いただいたんだけど・・・
その中で、もう嬉しすぎ~っていうかヘビー級に胸キュンなのがこれ。

ステキ鋼牙  

手描きデッサンしたという、蒼哭の魔竜の鋼牙の絵。
ステキでしょう~?
思わずお店の中できゃあきゃあ言っちゃいました。
(しおしお様、ありがとう~ 彼の人の写真横に飾りました~!)
しばらくそこで食べながら少し話をして、お昼前に次なる待ち合わせ場所の池袋へ。
まずは相互リンクしてる、これまた初見のお友達、そして2度目となる書き手様のお友達と合流した後は、人数も5人に増えたし~ってことでファミレスに。
夜の終わりの時間が定かでないため、念の為にと途中ホテルにチェックインしに抜けたり戻ったり、があったものの、お土産交換以外は、ず~~っとひたすら飲み物1杯で昼ごはんを食べるのも、夕方もう一人を迎えに行く時間も忘れたままで(迎えが遅くなって待たせてごめんね~~)延々夕方までしゃべり続けてました。
え~と、話の内容は想像つくと思うけど、当然ほぼ牙狼ネタ。
どうして? なんで? あ~、あるある、わかる~ そこはやっぱりそうだよね~ と、とにかくしゃべり続けて盛り上がること?時間。
おんなじこと考えてるんだね~ と思うこともあれば、目からウロコ、おお~! ってなこと、新発見もあったりで、すっごく面白くて楽しい時間でした。
それにしても皆、熱かったな~ (*^_^*)

さて、そんなこんなで盛り上がってた中、突然上がる 「あ~!」 っていう叫び声。
話しに夢中になりすぎていて、1日目最後のお迎え合流待ち合わせ時間をすっかり忘れていたことに気づいた当日ツアーコンダクターをしてくれてるお友達の声に慌ててレジを済ませ店を出る。
この日観劇しないお二人とは 「ではまた~」  と再会を約束しつつ駅で別れ、急ぎ待ち合わせ場所の品川駅へ。
合流して、ひたすら30分の遅れを謝りながら、とにかく現地へ行こう ってことでバスに乗り最終目的地へ。
天王洲アイルへ着いた後は、銀河劇場の開場時間の7時まで、お友達お薦めの、味良しボリューム良しの中華を堪能。
(え~と、お薦めのお店の名前は忘れたけど、1階の奥の方にあります)

開場時間になったらチケット見せてまずはロビーへ。
目当てのグッズを購入タ~イム。
ロゴが印刷されたキャンバス地のトートバッグ(おっきくて荷物がいっぱい入りそうでオススメ)、バッグチャーム(今回のは犯行後verなので血付きのロープがついてました)、二人でスリルミーしてるクリアファイル、卓上カレンダー(ちょっと表情が怖かったけど、でもやっぱり買っちゃった)、写真セット(な~んと出演者組ごとに2セットある)、プログラム(という名のパンフレット)。
そ~し~て~ タララタララ~♪ タララタララ~♪ 11月公演を収録するというCDを予約してきました。
あとは、楽譜やオペラグラス、おかき(食べるあのお菓子、外袋に「スリルミー 揚げおかき 塩味」と貼ってありました)、松下くんグッズ等々も売ってました。

バーコーナーの噂のドリンクを飲みたかったんだけど、長蛇の列に並んでグッズ買ってたらタイムアウトで、観劇後に飲もう! なんてその時は言ってたんだけど、なんたること、終わった後は閉店してて・・・ 
飲めないよ~ って言ってた人、他にもけっこういました。
真っ暗なバーコーナーで残念そうに、せめて写メを、って撮ってる人達を見てると、劇場側ももう少し配慮してくれたらいいのにな、なんて思いました。

さて、観劇。
席がですね・・ 列的には結構前の方だったんだけど、かなり右の端の方でして、コニタンが舞台の両端にある柱の影になること多くて。
残念だけど、正直見にくかった、と言わざるをえませんでした。

トークショーの時にも言ってましたが、ほんと、舞台って生き物なんですよね~
たまにハプニングは起きるんです。
「私」が彼の家に来て、舞台左側の椅子に寝てる「彼」が会話途中で起き上がったその瞬間、耳横にセッテイングされてたマイクが掛けてた上着か椅子のパイプに当たったように見えたんだけど、パッ て感じで外れちゃって。
コニタン、一瞬、あっ て顔したんだけど、すぐに戻ってさり気に続けながら直しちゃった。
さすがプロの役者さんですよね~ 素に戻らずセリフ言いながら動きながら直しちゃうんだもん。
会場も一瞬息詰めちゃって、直ったら一斉にハァ~~ 
役者さんと観る人の一体感を感じたというか、変な意味で「息が合ってた」瞬間、でした。
その後は何事も無くじわじわと終焉に向かって盛り上がっていって。
パチパチパチパチパチパチ・・・・・・
熱い拍手を送り続けられる中、カーテンコールも終わり。
舞台上に椅子が3つ運び込まれて準備が終わったら司会の女の人が舞台に上がりすぐにアフタートークが開始です。

私役を演じた松下洸平さんと、彼役の小西遼生さんです~ と紹介を受けて、舞台を終わったばっかりの二人が登場。
松下くんは顔が普通っぽく戻ってるようなんだけど、コニタンの顔はまだ役の彼のまま?
かなり痩せてるように見える顔の少しくぼんでる(ように見えるようにメイクしてるのかもしれない、けど・・・)眼窩の中の目がギラついてるのがかなり怖い。
だけど、そこまでのめり込んでなりきらないとあんなお芝居はできないんだな~ と。
二人の椅子の足元には水のペットボトルが置かれてたのを、やっぱり喉乾いてますよね~ 
席についたら、コニタンは挨拶そこそこにいきなり手を伸ばし飲んでて、おかげで司会の人の相手を松下くんが一手に担うことに。
「スリルミーを初めて拝見なさった方・・・」
なさった方? 
「今手を挙げた人は、あの、初めて観てくださったんですよね?」
え、あれれ・・ 松下くん? 何を訊いてるんだろう~って思ってたら、なんでも、手を挙げた、初めて観に来た人達一人一人に全部感想を聞きたい、らしくて、すごく気になる~ と。
そこですかさずコニタンも、どういうふうに見られているのかが気になる、と。
ステージ上ではピアノの人も含めた3人だけの世界が続いてて、お客さんを無視した状態でずっと演ってるから気になるんだ・・ って言いつつ、ごめんねごめんね、って会場に謝ってました。(たぶん無視して、って意味で謝ってたんだと思う)
でも、舞台に集中してお客さんを無視したままなんだけど、芝居的なことで客席を覗きこむような体勢になった時なんかに、たまにお客さんの顔が見えて「我に返る」こともあるらしく、私役で舞台端に行った時のことを、実際端に行って覗き込むようなポーズをやってみせてくれて。
「ああ、今日は爪が黒いんですね~ とか? 結構見ることはあるんです」 と言う松下君は、司会者さんに、余裕ですね~ って突っ込まれて、もごもごしてました。
と、横でボトルの水を黙って飲んでたコニタンの分まで? ってわけでもないけど、このあたりまで司会者さんの相手をほとんどこなしていた松下くん、やっとボトルに手を伸ばして水を飲み始めるんだけど、下から見て左から司会者さん、松下くん、コニタン、の順に座ってるのもあるんだろうけど、たぶんもともと几帳面っていうか性格が真面目なんでしょうね~ 
新たな質問されると、やっと飲みかけてるのにすぐ質問に自分が答えようとしてしまうから飲もうに飲めない、っていう・・・

他のペアよりも初日が遅かったわけですが・・・ ていう質問に。
今回3ペアの中で初日が一番遅かったニ人は、スリルミーの経験者っていうこともあって演出や振付で言われることもあるけど、二人で考えてつくり上げる密な時間が多くて、初日が開くまでずっと、早く舞台に立ちたい、早くお客さんに観せたいと思っていた、と松下君。
次、小西さんは? と訊かれたんだけど・・・ 「・・・え?」 あの顔と妙に間の開いたような反応は、知ってる人はわかるはず、ってか、やっぱりコニタンならでは。
で、今回、前の時のことを思い出さずにゼロから作り上げてきたから、お客さんに見せるまでの緊張感はすごくて、初日演った時、やっぱり好きな劇場で作品だな~ と思ったんだそう。

別のパートナーと組んでやっていたのを観て知ってる人と新たにペアを組んでやるというのを知った時どういう気持ちで、どう取り組んだんですか? という質問に。
コニタンの彼、はもちろん知っていて、声質とか好きな声で、楽しみにしていました、と松下くん。
洸平の私、は観ていた時のイメージですごく気持ち悪いと思ってて、役として向き合ったらどうなるんだろうな~って思ってたら実際予想以上に気持ち悪くて・・・ 
なんてコニタンが言うから会場は爆笑、司会者さんは、褒め言葉ですよね? ってフォローに入る、ということに。
見てる人はわかると思うけど、すごい生々しい私、を作り上げてる人(松下くん)で。
(舞台の中では)私の記憶の中の彼が出てくるんだけど、私、の言い方(松下くんの演じ方)で(コニタンが作る、演じる)彼が変ったりする・・・ 
カッキーと作ってた時の私、はその時の私で、(自分と)一緒にやった時は、気持ち悪いことは気持ち悪いんだけど、洸平はこう来たか、みたいな新しい姿を見たようで面白いです。
だそうです。

もう何回も演じてるけど、前と変えたところはありますか? という質問には。
全て違う・・・ 相手が変わると芝居も変わる? と松下くん。
演出が違う? テンポが違う・・・ 今回は早い。
今まではなかったけど、マッチを渡してたり。
私が好きで彼を愛している、精神的つながりさえあればだからどんな彼がいてもいい、成り立つ作品、だ、と。
あとは、何を言ったっけ・・・ え~っと・・・
演出がすごく細かい、んだそうで。
ここで何歩歩いて振り返って言ったり、決まった一つのピアノの音で降りたり、とかすべて細かく計算しつくされてる、と。
で、役者は自分の間で歩いたり話したりしたくなるけど、演ってみると、演出で言われた通りのことが正解で、その言われた通りの動きに自分の気持ちをのっける事ができた時がすごく動く。
ピアノも含めた3人で(演出で)言われたとおりに合って出来た瞬間がすごく気持ち良くて、今日はそんな時が多かった会、だったんだそう。
特に今夜はいろいろあったから・・・ と松下くん。

二人、仲がいいけど、実際の二人の関係性は? の質問に。
「仲がいいですよ~」 と松下くん。
で、ここで、敢えて言うならどっちが彼で、どっちが私? という司会者さんの突っ込み・・・!
「どっちもマイペースだよね?」 と同意を求めたコニタンに
「どっちもマイペース・・ なので上下っていうか、芸歴も年齢ももちろん上、大先輩・・・」 と言ってたら
「ふざけんなよ~ こういう時だけ・・・」
二人共マイペースのいい距離感がある関係・・・ って言ってたと思う。(間違ってなかったら)

あとは、松下くんが彼を演ってみたいといってたんで今日ちょっとしてみたら、すごいピンとこなかった~みたいなことをコニタンが言って、そうしたら松下くんが、来年彼のオーディション受けて演出の栗山さんに見てもらう、とか・・・
会場が皆笑ってたところで裁判所の木槌叩くようなあの音、カンカンカン・・・
もうそろそろ終わりの時間だよ・・・ってことの合図。

最後、まずは松下くんの挨拶。
今日、3階席まで立って(立ち見して)るお客さんがいるのはすごいです。
先日、通算100回公演を迎えることが出来たのはお客様のおかげです。
ありがたいです、ありがとうございます。
4年間ずっと同じスタッフで・・・ ずっと支えてくれていて、スタッフを信じながら、コニタンやパクさん(ピアノの人)を信じながら明日も明後日もいい公演にしたいと思ってます。
だから・・・ 観に来てくださいね。
ありがとうございました。 
続いてコニタンの挨拶。
まずはにっこり笑顔で 「全部洸平の言うとおりです!」
あっはっは~ 爆笑です。
事実を元に、の作品だから手放しで楽しいとは言えないし、客席を無視して演っていく作品だけど、そんな作品を(演じて)すごせるということは幸せです、と。
で・・・ 1秒先のことを考えずにその場その瞬間を生々しく生きれるのが理想で、松下くんと、パクさんと、会場と一緒になって全員で作れる時間が貴重です、と。
明日も明後日もまた来てくれる人にも、新しく初めて観てくれる人にも、また新しいスリルミーが観れるように頑張るのでよろしくお願いします、ありがとうございました。

で、お辞儀してるのへ拍手~~~ してたら、二人で並んで手をつないで、アンコールの時みたいに? コニタンが口ずさみ始めて・・・
「てっててってて~~♪ スリルミー!」
ポーズを決めてから、手を繋いだままで消えていってしまいました~~

おおまかな感じだけど、こんなだったかな~?
わかるかな~? ってか、少しでも雰囲気が伝われば幸いでございます。
終わった後はもう遅いので駅に行き、ホテルまで送ってもらって、ありがとう、またね~ とまたの再会を約束して別れたんですけど。
この場を借りて・・・ m(__)m
ほんとに、ほんとにお世話になりました~ & 懲りずにまた東京行くときはよろしくお願いしま~す。

え~と、ここまでが、今日は21日金曜なのでちょうど1週間前の1日目のレポです。
まだ2日目のがあるんですけど、今夜は時間的にここまで、ということに。
続きの需要があるかどうかはわかんないけど、画像中心で明日以降にしま~す、ということで。
では、また~  (^^)v
       ↓
さて、読みたい人いるのかな~? なんて思いつつ、続きの2日目を。

いつも引率してくれるお友達と一緒のホテルだったんだけど、朝起きて着替えたりカバンの片付けをして。
迎えに来てくれるというお友達の約束の10時までもう少しだな~ って思ってたら、LINEに、ここですよね~? と、前日一緒だったお友達から画像が来て、慌ててホテルの表に出る。
で、おはようございます~ って3人で挨拶してると、昨年に続いて2度目に会う、2日目に案内して一緒に観に行くお友達が到着。
じゃ、行きましょう~ ってことで4人でお散歩よろしく歩き始めた、その行き先は・・・ 
お友達お薦め  「黄金仮面」 のDVDでコニタンがらららのマスターことサトちゃんと一緒にお散歩していた街。
ん~~ 細い路地や、鄙びた感じの喫茶店、蔦の這う歴史あるレンガ造りの大学の校舎とかがあるような学生街なんですよね。
乱歩通り? とでもいいましょうか、とにかく案内してくれるお友達がいろいろと詳しくて、ここがね~ あのへんがね~ って説明をしてくれるので、お~ そうか~ へぇえ~、そうなんだ~ とかわいわい言いながらてくてくてくてく・・・・

乱歩2_convert_20141123203735 

お散歩の画像が3枚しか無いんでUPしますが、むさ苦しいデブが写っててすんごいお目汚しで申し訳ないです。
悔やむわ~~ もう~ なんで一緒に写っちゃったんだろう~? ほんと、ごめんなさい。
あと、こんな看板とかもありました。
 
乱歩3_convert_20141123203856

で、途中で、同じようにお店に立ち寄って買ってきたお煎餅がこれなんだけど、写メして今食べたけど・・・ 美味しい!
そういえば、お店で食べたブッセも美味しかったんですよね~
池袋の「三原堂」是非行ってみてくださ~い。

DSC_0457_convert_20141123212739.jpg

さて、次。
『ふっふっふ・・・ 次はどこへ行ったか、だって~? それはな・・・』  (← 左手のザルバ)
もう~ ザルさん、何を思わせぶりに~! 
次は、はい、ここ、JAP工房です。
お店がね、階段昇った上にあるんですよ・・・

工房1_convert_20141123213819 階段登って行く途中に置いてあった看板

こんにちは~ お邪魔しま~す、と、元気よく言いながら素敵なドア(写すの忘れた~)を開けて中に入ると、うわわわわぁ~ の世界が~~!
(たぶん、目が少女漫画みたいにキラキラになってたと思う)

雷牙&クロウ剣+(2)_convert_20141123215601 ザルバにシルヴァ、ゴルバに・・・


雷牙&クロウ剣_convert_20141123215455 すごく緻密な造りの雷牙とクロウの剣。

手袋嵌めたら持ってもいいですよ~ と言ってもらったので持たせてもらいました。

クロウの剣_convert_20141123220426 クロウの剣、握りは本革だそう

雷牙の剣_convert_20141123220341 テレビよりキラキラな握りの紋章と、刃の紋様!

工房3_convert_20141123221330 オルヴァ、ガロの紋章ブローチ、そしてあの・・鈴

ぶらい_convert_20141123221151 符礼さんのポーチ

れお_convert_20141123221221 レオくんのポーチ

工房には喫茶コーナーもあるんです。
工房スタッフの人が淹れてくれた飲み物をお洒落なテーブルに座っていただいて。
テーブルが、流木なのか銘木なのか訊き忘れたけど、四方を木で囲まれてるガラスの天板で、天板のガラスの下にはアイアンの龍が置かれてあったり、クロスした脚には・・・ 

テーブル_convert_20141123220828 こんなアイアンの蜘蛛がいたり

とにかく、超素敵な空間~!
もともと自分的に好きなシルバーアクセがいっぱいで、しかも当然牙狼関係のものがいっぱいあるし。
サイン入りの鋼牙の写真もありました。
あのテーブルに座って、ただただぼんやりしていた~い~~
 
ステキお兄さん_convert_20141123220753 うふふ こそっと後ろ姿を。(後ろ姿だからいいよね)

展示の写メならどうぞ、撮ってもいいですよ~ って言ってくれて、コーヒーやジュースを淹れてくれたお店のスタッフのお兄さんです。
お店の中に飾られてるものの説明や、お兄さんのこと、お兄さんが作ってる作品がどれなのか、とか、とにかくいろいろ訊いてお話ししたんですよ。
さぞやうるさいおばさんだな~ と思われたはずなんだけど、優し~い控えめな笑顔でずっと相手をしてくれました。
もうね、嫌な顔せずに、とつとつと・・・ 
オレンジジュースを飲んでる時 「好きなことが仕事になるなんていいですね、羨ましい」 そう言ったら、ひとこと 「そうですね」 って。
その時の嬉しそうに答えた優しい笑顔が印象的で、今でも頭の中に残ってて・・・ 忘れられません。
ありがとうございました、お兄さん。
とにかく、お店も素敵だったけど、スタッフの人も同じように素敵でした。
そんなお店だから・・・ 是非是非また行きた~い! です。

あ、ちなみに、左手には既にザルバさんがいるので、右手用にカオルちゃんのリング(横で、ザルバがゲェ~~ って出したやつ~! と言われちゃった~っはっはっは)をいただくことにしてきました。

JAP工房を出て、お昼ごはんを食べ駅に行って、ここで書き手様のお友達とはお別れ。
そして残る3人はいざ劇場へ。

銀河劇場 銀河劇場

劇場の花+_convert_20141123221258 いくつか置いてあった中にはこ~んなお花もありました

最近感じるのは、お客さん層がずいぶん若くなったな~ っていうこと。
パチンコのおかげなのかな~? それともミュージカル(舞台)関連から?
とにかく平均年齢が下がってきたような気がするのは私だけじゃないと思うんだけど・・・
ま、それはともかく・・・
この日の舞台はすごく良かった!
前日がハプニングあったからどうこうっていうんじゃなくて、他の人がどうだった(感じた、思った)かなんてわからないけど、自分が観て聴いた感じがね、身体が? 前の日よりも良かった、そう感じてた。
終わったら拍手して何度もアンコール。
最後はスタンディングになって。
繋いだ手を突き上げながら笑顔で消えていった二人の姿に会場中が拍手を送り続けてました。

カクテル1_convert_20141123220546 この日のバーコーナーは、もちろん営業中

カクテル3_convert_20141123220711 松下くんの絵が芸術的!

カクテル2_convert_20141123220635 アルコールの方を注文!

カクテル6_convert_20141123221040 劇場販売の「スリルミー おかき」

この日案内してくれたお友達がおみやげに、と、おかきをプレゼントしてくれました。(ありがとう~~!)

カクテル4_convert_20141123220942  さすが黄金騎士牙、でも送り狼なのね~!

劇場の外に出たらなにやら行列が・・・?
うっふっふ~ もちろん同様に待ちまして。
松下くん、コニタン両方にサインを貰えました。

最初出てきた松下くんはお洒落な帽子(テンガロンハット風なタイプ)をかぶってて。
スカーフ巻いて、スリムなズボンに黒のブーツ。
当然だけど、劇中で 「待ってた!」 ってセリフを言ってた感じとは全然違ってて、ずいぶん物静かで大人な感じ。
目の前で話してると、身長が低めなんだけど・・・ でも、舞台ではもっともっと大きく見えたんですよね。
それって・・・ うん、すごいんだと思う。
上手く言えないけど、そうなんだな~って思う。

ちょっと遅れてコニタンが出てきました。
映画で出てくるグリーンベレーがかぶるような感じのニット帽をおでこを出してかぶって、薄いグレーの大きめ版なストールを首にぐるぐる~って埋もれるように巻いてて。
並んでる人、一人一人にサインして握手してお話して。
貰った手紙やプレゼントを左手に持ったまま、丁寧に対応してくれてました。
顔を見ただけでわかるぐらい疲れてたはず、なのにな・・・
ほんとにファンを大事にする、してくれる人、そう思いました。
最後の人が終わると、劇場の下で待ってたタクシーに乗って帰っちゃったんだけど、乗ってからの信号待ちが終わって車が動き出したその時でさえ、遠く離れてるのに手を振ってた姿が・・・ また印象的でした。
東京は今日が千秋楽だったんですよね。
まだ大阪が残ってるけど・・・ コニタン、ひとまずお疲れ様。

劇場を後にして。
帰りのバスに乗るため新宿へ。
昼間でさえすっごいトンチンカンな超方向音痴の私のため、心配して2人バス乗り場まで付いてきてくれて。
近くで晩御飯のカレーを食べた後、固く再会を誓いつつ、最後まで迷わないか心配されまくりながら別れました。

DSC_0446_convert_20141123235913.jpg バスのりばの近くです

楽しい、夢の様な2日間だったな~
サイトをやってるおかげで沢山のお友達とも会えて、いっぱいいっぱいお話しできて。
み~んな優しいんですよね。
1日中案内までしてくれて、憧れの行きたかったお店にも連れてってもらったおかげで念願も叶って。
皆さんに感謝です。

毎度ながら文書くのが下手なので私にはこれが精一杯なんだけど、こんなレポで良かったのかどうか。
ほんの少しだけでも雰囲気が味わえたり楽しんでもらえたらいいな。
では、今回のレポはこれにて。
読んでくださった方、お疲れ様でした。
m(__)m


コメント
拙いレポですが、喜んでいただけたようで嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございました。
【2015/01/26 02:14】 | なな #- | [edit]
う~ん・・ 難しい問題ですよね~
レポを喜んでもらえて嬉しいです。
今回は書いても書いてもなかなか終わらなくて(特に前半)予想外に疲れたんですけど、おかげで報われた気がします。
ありがとうございます。
え~と、ファンが増えて売れていく、ってことは喜ばしいことだけれど、その反面、どんどん遠い存在になっていってしまう、という反比例の複雑な胸の内。
だから・・ 隠しておきたい、って思ってしまうのもわかるし、けっしてわがままなんかじゃないと思いますよ。
うん。
【2014/11/25 05:36】 | なな #- | [edit]
お久しぶりでございます。 
はい、私は2号と一緒に参加予定なんですけど、少しでもお話しがしたいですね~
大丈夫、会えます!
ね、信じて待ってる! (*^_^*)
【2014/11/24 23:23】 | なな #- | [edit]
いやいやいや・・ 長いのに最後まで読んでもらってお疲れ様&ありがとうです。
今回はほんと~~に楽しい観劇ツアーでしたねぇ。
機会があれば(特に悲願の単独ライヴ!)是非ご一緒に!
ははははは・・ 「きゅ~うじゅ~うきゅ~うねん~♪」なんですか? 私は「おは~なし~~ しま~す~~♬」と、あの「スリルッミー!」です~~ 
では、またすぐ・・ 再見!  (^^)v 
【2014/11/24 23:11】 | なな #- | [edit]
お待たせいたしましたが、ようやくレポがおわりました。
どうですか? 雑ですけど、少しは雰囲気がでてたでしょうか?
ふぅ~~ ほんと、あのトークタイムとか超楽しかったから、書いててあのひとときに頭がバックしてしまいそうです。
こちらこそお世話になりました。
またお会いできる日を信じてます。
ぜひまた!
【2014/11/24 13:36】 | なな #- | [edit]
お会いして、好き度の深さがわかってしまっただけに2日めもご一緒したかったです。
一緒にきゃあきゃあ言ってたはず、だと思うんですけど。
ふふふ・・たぶん間違いないですよね~?
また連絡いたします。
コメントをありがとうございました。
【2014/11/24 13:30】 | なな #- | [edit]
今回はお世話になりました。
あ、私も、あのお店で欲しい物を発見したので早速地道貯金を始めます。
おかき、食べました。
美味しかったですよ~
またお会いでいると信じてます!
その時にはまた・・・ くれぐれもよろしくお願いいたします~~! 
\(^o^)/
【2014/11/24 13:21】 | なな #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://nana7890.blog40.fc2.com/tb.php/252-43d58a2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。