FC2ブログ


Being said not to panic

category: 作文1  

カオルちゃんの出産まであとわずか、となった頃のちょっとだけ?未来の冴島家、です。
特にどうということのない日常のひとこま劇場なんですけど、よろしければ、ということで・・・


 

 
   ・・・ Being said not to panic ・・・
                                  <3.27.2013>

ガチャ・・・

昼前、いつもより少し早めに帰ってきた。
だから、というわけでもないだろうが、ドアを開けてしばらくしても、いつもすぐ出迎えに出てくるゴンザが姿を現す気配がない。

『おいおい、もしかしてカオルの腹がパンクしたか~?』

玄関は鍵が掛かっていなくて開いたまま。
それに、医者に言われた予定日とやらにはまだあと一週間はあるはず。

「ま・さか・・・」

いや、本当にそう言い切れるのか? 
もしかしたらザルバの言う通りかも・・・しれない。

無意識に早足でリビングに向かい始める。

「あのね、初めてのお産って予定日よりも遅れることの方が多いんだって。
 だからわたしもたぶんそうなるんだろうな~って思うんだよね」

2~3日前、俺にそう言っていたカオルの言葉と笑顔が頭を過る。
が、カオルはああ言っていたがそんなのはあくまで一般論で、皆が皆そうなるわけではないはず。
それに、医者が教えてくれた予定日というのもあくまでも目安の予定日で。
あんなでかい腹をしてるんだから、もういつ産まれたって不思議は・・・

『なに慌ててる? 鋼牙、お前らしくないぞ。
 たしか予定日とやらには、まだ一週間ほどあるはずだろう』

「・・・・・・」

バンッ!

「カオル!」

「あ、鋼牙、おかえり」

「・・・ただいま」

「今日は早かったんだね」

「ああ」

ソファーに座ったカオルは、ゴンザにお茶を淹れてもらっているところだった。

「おかえりなさいませ鋼牙様。
 気付かなかったとはいえお出迎えもせず申し訳ございませんでした」

「いや、いい・・ ゴンザ、気にするな」

『クックック・・・ おい、まだでよかったな』

「・・・・・・」

「鋼・・牙?」

「なんでもない、気にするな」

脱いだコートをゴンザに預け、カオルの隣に腰を下ろす。

「カオル、今日の調子はどうだ?」

「調子? ん~ べつに変わらないよ~ って、あ、でもそうでもないかな」

「・・・?・・・」

「赤ちゃんが少しずつ下がってきてるのかもしれない。
 食べてもすぐに胃に閊えちゃう感じでお腹いっぱいになってたのが、 
 なんだかあまりしなくなってきたっていうかけっこう食べれちゃう? 
 前に経験者の人に聞いたことあるんだけど、
 こんな風になってきたらそろそろっていうか近いんだって。
 まあ予定日まであと1週間だもんね」

そろそろ・・・

「それとね、鋼牙、ゴンザさんにさっき聞いたんだけど、
 鋼牙のお母さんもやっぱり同じようになったんだって」

母さんも?

「・・・そうか」

今もそうだが最近よくお腹を撫でているカオルは、もうすっかり母親の顔をしている。

「うふふ、いよいよだよね~ 
 もうなにもかも準備はばっちりだからいつ出てきても大丈夫。
 もし、鋼牙がいない時に陣痛が始まったとしてもゴンザさんがいるし。
 だから鋼牙・」

「わかってる、大丈夫だと言うんだろう?」

「うん、たぶんね。
 あのね、何度も訊くようだけど、
 昼間鋼牙が出掛けてる時にもし病院に行くことになったら・・・
 その時はメールで連絡してもいいよね?」

大丈夫だと言っておいてそんな顔して。

「ああ、昼間ならな」

「うん。
 あのね、ゴンザさんがばっちり管理してくれてるからだと思うけど、
 わたし、優良妊婦さんなんだって。
 だからってわけでもないけど、たぶん、ううんきっと安産だよ」

ふっ・・ 本当に。

「そうだな」

そう・・ 願いたいものだ。

「鋼牙様、それとカオル様も少し早いですがお昼になさいますか?」

「わ、お昼だって。
 ね、鋼牙食べよう?」

「ゴンザ、頼む」

「はい、ではすぐに用意いたします」

「わぁ~い 今日は何かなぁ~ 楽しみ~❤
 ね、鋼牙、なんだと思う?」

少し首を傾げて俺の顔を覗き込みながらそう言う笑顔のカオル。

「・・・さあな」

そんな笑顔に見とれた自分を返事で誤魔化しながら、大きいお腹のカオルが立つのを手伝おうと手を伸ばしかけ、なぜか自分でも意識しないうちにその手をカオルのお腹に上に置いていた。

十月十日か・・・ 本当に大きくなった。
もうすぐ、出てくるんだな・・・
おい、お母さんを困らせず、産まれる時はさっさと出てくるんだぞ。

「・・・鋼牙?」

「カオル、閊えが取れたからといって今になって食べすぎには注意しろよ」

「え~ なにそれ~!」

「ほら、手を出せ、立つぞ」

「・・・うん」

背中から腰を抱え、前は手を繋いで抱えるようにして起こしてやる。

「よいしょっ ありがと、鋼牙」

「ああ」

そのまま足元の見えないカオルの手を離さず繋いだままダイニングに向かう。

「あのね、食べれるようになったって言っても、そんなにはね~ って、
 ねぇ~ 聞いてる? 鋼牙~」

「ああ、聞いてる」

「ほんとに~?」

まださっきの話の続きをえんえんと喋り続けるカオルの話を聞きながら・・・

 
2013_04_01

Comments

syo様 

楽しんで読んでます、とのことば、ありがとうございます、励みになります。
ちょっと定時UPがしにくい状態で申し訳ないんですけど、ちょっとずつやってますのでまた遊びに来てくださいませ。
なな  URL   2013-04-06 22:13  

ちゃーみーママ様 

あったかいお話、ということば、ありがとうです。
こんなありきたりの日常を書いても読んだ人はどう思うんだろう? 
UPするまでずっとそう思ってたのですっごくうれしいです。
何気ない日常に込めたほんの小さな幸せ感を感じ取ってもらえたなら・・・
それは私には大きな幸せです。 
いよいよ次は出産、いろいろと皆さんから頂いた希望をひとつでも多く盛り込みたくてあれこれ考えているんですけど難しいですね。
あ、鋼牙、驚くとまでいくかどうか・・ でもそれに近いシーンはたぶんあると思います。
牙んば狼!  (*^^)v

なな  URL   2013-04-06 22:09  

Mie様 

コメント返信が遅くなりすいません。
ドキっ Mie様にも出産時の希望を書かれてしまいましたよ・・・
だんだんと頭の中に浮かぶ部分部分のいくつかの出産シーンの画像達が繋がりかけてます。
頭の中から文字に変換するのには、あともう少し、といったところでしょうか。 (*^_^*)
なんだか力が要りそうな感じです。
あ、そっか~ ゴンザさんが喜ぶシーンも忘れずに入れなくては、ですね。
未熟者ですが頑張りますね~
なな  URL   2013-04-06 21:39  

hana72 様 

仕事最優先の鋼牙、はたしてカオルちゃんの出産ではどうなるのか!?
今ですね、いろいろと考え中です。 (*^_^*)
出産後のちょっとした場面がひとつ、頭の中にず~っと浮いてるんですけど、まずは先に出産をどうにかしないと、ですね・・・
頑張りま~す。 (*^^)v


なな  URL   2013-04-02 18:58  

りのん様 

うふふ (*^_^*) 幸せそうでしょう?
戦いに身を置く鋼牙が、カオルを伴侶に得て傍に居る時は幸せな感情に満たされる・・・
そんなひとときを少しでも描くことができれば、感じてもらえれば、こんなうれしいことはないです。
あ~~ 私もお腹にこんな風に手を置いてもらいたい!
今でもお腹だけなら十分お肉でかなりの月数にいってるんですけどね・・・ 肝心のmy鋼牙がいないし、今もしやられたらめっちゃギャグでしかないな~ ははは  (^^ゞ
なな  URL   2013-04-02 18:36  

茅 様 

はい、いよいよな感じ、というか、もうすぐ、いよいよです。 (*^_^*)
出産については、ドッキリ番や、昨年の1周年記念リクエスト、拍手&コメントメールなどから、もう何件も書いて下さい! とか、ぜひこういう感じの設定を入れてください! とかそれはもうたくさんの希望リクエストを頂いていまして・・・
できるなら頂いた全ての希望を盛り込みたいな~ と思いつつ、どこまで頂いた希望に添えるんだろう~? と、苦笑しながら考えているところです。
上手くいくといいな・・・ 
なな  URL   2013-04-02 18:06  

カオルの臨月… 

おお、いよいよな感じなのですね。
妊婦さんの様子、経験からの表現(ですよね?)に、リアルさを感じましたよぉ~!
キスしたのしないのでオロオロしてる、当ブログの鋼×カオと違い(原作を出ない様にすると、
どうしてもココ止まり。でもその「いい年令してその初々しさかッ!」が好きなのですよねぇ~:笑)
どんどこ幸せになってゆく二人も良いですね!…産後の話(その前に出産か)も気になります。

あ、DVD・Box届きました!
最初、“ R市場 ” に発注したんですが、何故か勝手にキャンセル扱いに。
ナヌ!?で、慌てて “ 尼存 ” に発注しなおして、無事に届きました。
ただ何故R市場がキャンセル扱いにしたのかが、謎なのですよねぇ…。こんな事ってあるんですかね?ただ、尼存の方が少し安かったので、ある意味ラッキーだったかも、です。
お陰で今は、MS三昧で~すwww
茅  URL   2013-04-02 11:49  

 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2019_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

プロフィール

なな

Author:なな
GAROと彼の人をこよなく愛しつつ、のんびりまったりと想像妄想した作文をUPしています。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック




page
top